タツノオトシゴ

タツノオトシゴはヨウジウオ科に属する興味をそそる生物です。

この科に属する生き物たちには興味深い特徴があります。あごが突き出てストローのような口先を持ち、うろこではなく、薄い皮膚が一連の骨板を覆い、泳ぐのが遅いという特徴をもっています。

この科の生き物たちの一番おもしろい点は、オスが赤ちゃんたちを育てることでしょう!オスのタツノオトシゴのおなかには卵をかかえる袋があり、メスがそこに卵を産みます。数週間後、赤ちゃんたちが海に出る準備ができたら、オスのタツノオトシゴが赤ちゃんたちを産みます。ゆり木馬のように自分の体を前後にゆらすと、おなかの小さな穴から、小さなタツノオトシゴの赤ちゃんたちが飛び出てきます。